【初心者むけ】損益計算書の読み方を5つのポイントで解説

「損益計算書って聞いたことはあるけど、詳しくはわからないな。投資するときどこを見ていいかわからないなー」
こんな悩みを抱えている人は多いのではないでしょうか。

こういった疑問にお答えします。

✅本記事の内容

  • 損益計算書の概要
  • 損益計算書の5つの利益
  • 損益計算書の5つのポイント
  • 損益計算書を取り入れる

この記事を書いている僕(@craftprogramer)はWebエンジニアとして内定したものの自分にはプログラミングが向いていないことを確信し、Webマーケターになったものです。

「損益計算書」とは、企業の経営活動における財務上の結果を報告する財務諸表のひとつです。

損益計算書では、その企業の活動による「利益」や「損失」を把握することができます。売上高や利益など企業の活動結果がわかる、通知表のようなものですね。

損益計算書に記載される内容は企業の収益性を判断する材料であり、株を取引する上でも知っておきたい情報です。

しかし損益計算書が公開されていても、見方がわからず活用できていない人も多いのではないでしょうか。

ここでは特別な知識がなくても最低限活用できるよう、損益計算書を5つの利益とポイントに分けて紹介します。

損益計算書の概要

貸借対照表とは企業が「事業資金をどのような状態で保有しているのか」や、「事業資金をどのように集めたか」を見るための書類です。

企業の経営を確認する財務三表(損益計算書(PL)、貸借対照表(BS)、キャッシュフロー計算書(CF))の中でも損益計算書は最も理解しやすい書類でしょう。

なぜなら企業が1年間にあげた「売上」から「費用」を引き、利益を足していくだけだからです。

簡単にいうと主婦の方がつけている家計簿と一緒です。

例えばAさんがラーメン屋さんを開業したとします。300円で材料を仕入れ、1,000円で販売したら、700円の利益が出た。
損益計算書を簡単に示せばこれだけのこと。

損益計算書を見れば、企業が1年間でどれだけ儲かったかが分かります。

なお貸借対照表については「貸借対照表の見方」、キャッシュフロー計算書については「キャッシュフロー計算書の概要と見方を紹介!簿記や会計の知識は不要」を参照してください。

損益計算書の5つの利益

それでは実際にの損益計算書を確認してみましょう。
下は積水ハウスの2019年1月期 第3四半期決算短信から引用した損益計算書です。


数字がずらっと並んでいて見るのが嫌になりますよね。でも1つ1つの項目を理解する必要はありません。

図で示した5つの利益だけ理解できれば、それで十分です。
それぞれ確認していきましょう。

①売上総利益


売上総利益は売上高から売上原価を引いたものです。「粗利(あらり)」とも呼ばれます。

Aさんの例でいえば、ラーメンの販売額1,000円(売上高)から材料(売上原価)を引いた700円が売上総利益です。

②営業利益


売上総利益から「販売費および一般管理費」を引いたものが「営業利益」です。

販売費とはその名の通り、販売にかかる費用です。
販売部の人件費や広告宣伝費、交通費などが該当します。

一般管理費は企業の「管理、運営」などにかかる費用です。
具体的には役員報酬や光熱費、文房具などの消耗品費、オフィスの家賃などです。

一応販売費と一般管理費は区別されていますが、全てを明確に区分するのは非常に手間がかかるため、損益計算書は2つを混合して計上しています。

販売費と一般管理費の勘定科目の例

Aさんの例なら、ラーメン屋の店舗にかかる家賃等が該当します。

③経常利益


経常利益は本業以外で発生した利益の「営業外収益」と費用の「営業外費用」を足し合わせたものです。「経常(けいつね)」とも呼ばれます。

本業以外の利益とは貸付金の利息、保有株式の配当金、不動産の家賃収入など。営業外費用には借入金の支払い利息等が含まれます。

営業外収益と営業外費用の勘定科目の例

Aさんの例では店舗開業に伴い銀行から借り入れた資金の支払利息などが営業外費用に相当します。

④税引前当期利益


経常利益に一時的な利益である「特別利益」を加え、「特別損失」を引くと「税引き前当期利益」となります。

特別利益や損失は毎年発生するものではなく、臨時的・一時的な収益です。
例えば不動産を売却した「固定資産売却益」や建物が火災したときに発生する「災害損失」など。

特別利益と特別損失の勘定科目の例

Aさんの例では古くなった調理台を売却したら、10万円の損失だったなどが該当します。

⑤当期純利益


最後に法人税や住民税などの税金を差し引けば「当期純利益」が出ます。

損益計算書の5つのポイント

損益計算書では黒字だったか赤字だったかを当期純利益でチェックすることができますが、さらに注目すべきなのが売上高と「5つの利益」です。これらを利用した、次の5つのポイントを押さえておきましょう。

<損益計算書の見方ポイント>

それぞれのポイントから読み取れる内容を、次の項目から紹介していきます。

損益計算書のポイント1「売上高営業利益率」

売上高営業利益率からは、「企業に儲けるための力があるか」や企業管理効率がわかります。

営業利益からは「本業でいくら稼いだか」を読み取ることができますが、営業利益がプラス、というだけでは安心できません。そこで売上高営業利益率を算出します。

売上高営業利益率=営業利益÷売上高×100

営業利益がプラスだとしても売上高営業利益率がマイナスだと、経営が傾いている可能性があります。

目安として1~3%が標準で、5%以上あれば優良です。

損益計算書のポイント2「売上高経常利益率」

売上経常利益率では「効率の良い経営を行っているかどうか」を判断することができます。計算方法は次のとおりです。


売上高経常利益率=経常利益÷売上高×100

営業利益率が良くても、借入金の利子などによる負担から経常利益率が低くなる場合や、反対に営業利益率が低いのに、配当収入などにより経常利益率が高くなる場合があります。

そのためこの比率が高いほど、金融収支や資金調達力なども考慮した総合的な収益性があると判断することができます。

目安としては売上高営業利益率と同様に1~3%が標準で、5%以上あれば優良です。

損益計算書のポイント3「売上高販管費率」

販管費とは「販売費及び一般管理費」のことで、売上高販管費率では「売上高に対してコストがどれくらいかかっているか」の割合を算出し、会社運営の効率を見ることができます。

売上高販管費率=販管費÷売上高×100

この比率が低いほど効率良く会社運営ができている、ということになります。

日本の売上高販管費率の平均は15%程度ですが、業種によって数値が大きく変わることもあるので、この比率を見る場合は同業種のほかの企業と比較するのがおすすめです。

損益計算書のポイント4「ROA(総資産利益率)」

ROAは資産(総資本※)に対してどれだけの純利益が出たかを示し、効率性と収益性を見ることができます。

✅総資本とは
返済義務のある「負債」と、返済義務のない「資本」を合算したもの。
資産(総資本)は、損益計算書と同様に財務諸表のひとつである「貸借対照表」に記載されています。資産と総資本はイコールで成り立たなければならないため、計算にはどちらを用いても構いません。

資産(総資本)は、損益計算書と同様に財務諸表のひとつである「貸借対照表」に記載されています。資産と総資本はイコールで成り立たなければならないため、計算にはどちらを用いても構いません。

ROA(総資産利益率)=当期純利益÷資産×100

5%以上が理想ですが、特に10%以上だとかなり優良な企業だといえます。

損益計算書のポイント5「ROE(自己資本利益率)」

ROEは資本に対してどれだけの純利益が出たかを示す指標です。

資本も資産などと同様に、貸借対照表に記載されています。ROAでは負債も合わせて利益率を算出しましたが、ROEでは返済義務のない資本だけで利益率を見ていきましょう。

ROE(自己資本利益率)=当期純利益÷資本×100

この比率は15%以上が理想ですが、20%以上だと特に優良な企業になります。
関連記事:【初心者むけ】貸借対照表の読み方を5つのポイントで解説

ツールバーへスキップ