PCFRでそのほかの指標を補おう!キャッシュフローからみる割安性

「PCFRってなんの略称なんだろうか?」

こういった疑問にお答えします。

✅本記事の内容

  • PCFR(株価キャッシュフロー倍率)とは
  • そのほかの指標
  • PCFRで見る割安性

この記事を書いている僕(@craftprogramer)はWebエンジニアとして内定したものの自分にはプログラミングが向いていないことを確信し、Webマーケターになったものです。

関連記事:金利と株価の関係を解説!取引を有利に進める金利の見方とは


PCFR(株価キャッシュフロー倍率)は、その企業の株価が割安かどうかを判断するための指標です。

割安性を判断する指標にはPERやPBRなどがありますが、PCFRはこれらの足りない部分を補ってくれます。株の購入を検討する際の判断材料として、知っておきたい指標のひとつです。

PCFRでは営業キャッシュフローから、「株価が1株あたりのキャッシュフローの何倍なのか」を調べます。

ここではPCFRの意味やPCFRを使った情報分析の方法、併せて使うといい指標を紹介します。

PCFRとは、キャッシュフローで割安性を見る指標

PCFRとは、「Price to Cash flow ratio」の略。日本語では株価キャッシュフロー倍率といい、1株あたりのキャッシュフローから株価の割安性を判断する指標です。

PCFRの算出方法を見てみましょう

PCFR=株価÷1株あたりのキャッシュフロー(CFPS)※

※1株あたりのキャッシュフロー(CFPS)は「営業キャッシュフロー÷発行済株式数」で算出できます
営業キャッシュフローはキャッシュフロー計算書で調べることができます。営業キャッシュフローの内訳は「税引前当期純利益+減価償却費+運転資本ー法人税」です。

PCFRが低いほど、その銘柄は割安だと言えます。

PCFRを単体で使う場合は、同業他社との比較に使うのが基本です。しかしPCFRは、後ほど紹介するPERの足りない部分を補ってくれるので、単体での利用よりも併用がおすすめです。

PCFRとPERの違いは「利益」の範囲

大まかにいえば、PCFRもPERも「今の株価に相当する投資資金の回収に、何年かかるか」を知ることができます。

では、PCFRとPERは何が違うのでしょうか。違いは「利益」の範囲です。

帳簿に記載される利益のなかには、売掛金など、まだ現金としては受け取っていない売上もあります。

PERはそれらも含めて算出しますが、PCFRではそういった手元にない売上は含めず、算出に使うのは実際に手元にある現金だけ。

ではなぜPCFRとPERを併用するのかと言うと、PERを見るだけでは見逃してしまう銘柄があるからです。

「利益が少ない」と感じる企業を調べてみると、積極的な設備投資をしている場合があります。

実は設備投資を積極的に行っている企業には、今後急成長する可能性があるんです。

そこで割安な銘柄を見落とさないために、「現金の流れ」に注目する必要があります。特にPCFRで利用する「営業キャッシュフロー」が表すのは「本業のみの収支」。「本業でどれだけ利益を得ているか」から銘柄を分析することができるんですよ。

PCFRと併用して使おう!割安性を調べるそのほかの指標

PCFRと同様に、割安性を調べることができる指標が2つあります。

割安性を調べる指標

  • PER(株価収益率)
  • PBR(株価純資産倍率)

それぞれの算出方法を簡単に紹介していきますね。

PER(株価収益率)

PERは株価収益率と呼ばれ、企業の「利益と株価」の関係から株価の割安性を判断する指標です。

PERの算出方法を見てみましょう。

PER=株価÷1株あたりの利益(EPS)

PERは15倍以下であれば、割安です。

しかし過去PERや予想PERによっては、15倍以下でも割安だと言えない場合もあります。

PER(株価収益率)の基本的な計算方法や調べ方を知りたい場合は「株価収益率で割安性をチェックしてみよう」、実際の活用法を知りたい場合は【初心者向け】PERを株式投資の銘柄選びに役立てよう!を読んでみてくださいね。

PBR(株価純資産倍率)

PBRは株価純資産倍率と呼ばれ、企業の純資産(株主資本)から株価の割安性を判断する指標です。

PBRの算出方法を見てみましょう。

PBR=株価÷1株あたりの純資産(BPS)

PBRが1倍以下だと、その銘柄は割安です。

ただ理論上、PBRが1倍を下回ることはないので、PBRは1.5倍以下なら割安だと言えます。

PBR(株価純資産倍率)の基本的な計算方法や調べ方を知りたい場合は「株価純資産倍率を使って、割安性を見てみよう!」、実際の活用法を知りたい場合は「株式投資をするなら割安性をPBRでチェックしよう!」を読んでみてくださいね。

ツールバーへスキップ